事業概要

事業概要

1.公衆衛生事業

(1)大田区地域庁舎における歯科健診事業

1歳6ヶ月児 歯科健康診査

1歳6ヶ月児健康診査は、成長、発育に及ぼす疾患が顕在化する時期であり、その疾患を早期発見するために行います。歯科健診では現在歯(健全歯、う蝕歯)う蝕罹患型、歯の汚れ、不正交合、口腔軟組織疾患、指しゃぶりの有無について診査します。診査後に必要があれば保護者に、う歯、間食、甘味飲料、哺乳ビン、母乳の終了、歯磨き、フロスおよび治療等の助言を行い、同時に、保護者への指導も行います。

3歳児 歯科健康診査

乳歯列完成となる3歳児を対象に現在歯(健全歯、う蝕歯)歯の汚れ、不正交合、口腔軟組織疾患、について診査します。1歳6ヶ月健診でう蝕のない子供10人のうち7人ぐらいは3歳児健診でう蝕歯が見つかります。う歯が確認された場合、保護者には、間食指導、甘味飲料やおやつに対するシュガーコントロールの重要性を説明した上で治療を勧め、また、必要に応じてフッ素塗布、歯ブラシの指導、個別指導(歯科・栄養・保健)の指示をします。

乳幼児歯科相談

1歳6ヶ月健康診査のあとの経過観察として行われます。

(2)歯科医師会会員診療所における大田区歯科健診事業

受診券が大田区より郵送で交付されます
蒲田歯科医師会・大森歯科医師会に加入している医療機関で各歯科医療機関の診療日・診療時間内に「大田区歯科健診受診票」を同封の実施会場一覧表に記載のある歯科医療期間に持参して、直接受診してください。尚、歯科医療機関によって、予約制のところもありますので あらかじめ医療機関に電話等でお問い合わせください。(歯科医師会会員以外の歯科診療所では受けることは出来ません)

1.幼児歯科健康診査及びフッ化物塗布

幼児の歯科疾患に対する予防処置をとして。歯科健診よとびフッ化物塗布をおこないます。

対象者 大田区内在住で
  • 2歳以上3歳未満の者(ピンクの用紙)
  • 3歳以上就学前の者(ブルーの用紙)
対象年齢未満の方へ 受診券は原則として区の1歳6ヶ月児及び3歳児健診の案内時に郵送します。
実施対象年齢に達するまでに間がありますので、2歳時児未満場合は対象年齢に達してから受診してください。
2.成人歯科健診

大田区成人歯科健康診査を実施することにより、虫歯や歯周疾患の疑いのある者を早期発見し、早期治療の促進を図り、成人区民の健康の保持増進及び衛生の普及を図ります。

対象者 大田区内に在住(区に住民登録・外国人登録している)で、
35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、66歳、68歳、70歳、72歳、74歳、76歳の方。
但し、職場などで健康診査のある方及び、現に歯科・歯周疾患治療中の方は受診できません。受診票は大田区が郵送などにより交付されます。
内   容 歯・歯周組織・口腔状態等の診査、受診期間中一人一回
期   間 7月1日~翌年31日
3.妊婦歯科健診

妊婦の歯科健診を実施することにより、妊婦の歯及び口腔の疾患発生を防止し、併せて胎児の健全なる発育を図ります。

対象者 大田区内に在住の妊婦
内   容 歯・歯周組織・口腔状態等の診査

(3)児童歯科フッ化物塗布

大田区立小学校において、齲蝕の予防を目的としてフッ化物塗布を実施します。

(4)図画ポスター展

「歯とお口の健康週間」行事の一環として、区立小学校、中学校の児童・生徒を対象に歯とお口の健康に関する図画ポスターを募集し、優秀作品について大田区役所内で約1週間展示します。選考は画家2名と本会役員、学校歯科医会役員、公衆衛生委員の約25名で行い、入選作を決定します。最優秀作品は東京都、全国のポスター展に出品します。

(5)歯の無料健康相談

「歯とお口の健康週間」行事の一環として、図画ポスター展の開催中に区民を対象に歯科相談、ブラッシング指導等を行っています。

(6)8020運動表彰式

秋の「口腔衛生普及月間」行事の一環として、80歳以上で歯が20本以上残っており、健康長寿を実現されている区民を表彰しております。(かかりつけ歯科医師の推薦が必要です)

(7)図画ポスター優秀作品の表彰

秋の「口腔衛生普及月間」行事の一環として、「図画ポスター展」の入選作品の表彰式を行います。
同時に「歯とお口に関する作文」を小中学校より募集し、優秀作品の表彰・発表を行う。

(8)「OTAふれあいフェスタ」への参加

大田区が主催する「OTAふれあいフェスタ」に歯科医師会としてブースを出展し、来場者に歯科相談、口臭測定、咬合力検査を行っています。

(9)歯科休日応急診療

大田区民を対象として、日曜、祝祭日、年末年始に蒲田歯科医師会館に隣接した休日応急診療所で行っています。

2.高齢者保健福祉事業

(1)ねたきり高齢者訪問歯科支援事業

大田区における本事業は昭和63年10月「寝たきり老人訪問歯科診療事業」としてスタートしました。大田区からの年間の依頼件数は200件を超えた年もありましたが、大体160件前後で推移しています。開始当初、歯科の訪問診療は我々歯科医師にとってあまり馴染みのないもであったこともあり、プロジェクトチームを組み、1チーム2名の歯科医師で対応してきました。

その後10年以上を経過し、歯科の訪問診療に対する考え方も徐々に変わり、現在では医療保険の中にも在宅診療の点数が明記され、また介護保険の導入を期に民間企業の参入など診療形態として確立されてきています。そのような中、大田区も平成13年度から本事業を今までとは異なる形で運営する方針となりました。

介護保険の導入や、かかりつけ歯科医の定着によって訪問歯科診療の要請は益々増えていくと思われます。また、単に在宅高齢者だけでなく、歯科の併設のない病院び入院患者、在宅障害者(児)、福祉施設入所者などからの要請も考えられてます。これらのニーズを歯科医師(各診療所)単位で対処していくことは不可能であり、広い範囲での訪問審査や訪問指導などの診療以外の部分での公的機関による支援が不可欠と考えられます。

また我々歯科医師も、従来の単発的な処置(急性炎症症状の緩和、義歯の修理など)だけでなく、接触嚥下リハビリテーションなどの視点を持ち在宅療養者のみならず介護者のQOLも考えたサービスの提供を考えなければいけない時代になってきています。そのためにも、地域の保健医療福祉体制を理解し、他業種の人たちと協力してより包括的な医療活動を展開する必要があると考えております。

(2)区立特別養護老人ホーム歯科協力事業

入所者を対象に、歯科医師会の会員がチームとなって、歯科健診・治療、摂食嚥下指導を実施しています。
実施施設は、特養たまがわ、特養糀谷、特養蒲田、特養羽田の4施設です。

(3)介護認定審査会事業

「大田区介護保険事業計画」に従い、「介護認定審査委員会委員」を歯科医師会より28名派遣しています。

3.障がい者保健福祉事業

(1)障がい者施設歯科相談事業

民間の障がい者施設に出向し、歯科健診、口腔衛生指導、施設関係者への助言等を行っています。健診の内容は、現在歯(健全歯、う蝕歯)、歯周炎、欠損状態、口腔清掃等で必要に応じて治療を勧め、口腔衛生指導を行います。

(2)障害者(児)歯科健康診査

新蒲田福祉センター、南六郷福祉園、大田生活実習所、くすのき園、うめのき園、並びに蒲田保健福祉センター、糀谷保健福祉センターで障害者(児)の歯科健康診査を行います。健診の内容は、現在歯(健全歯、う蝕歯)、歯周炎、欠損状態、口腔清掃等で必要に応じて治療を勧め、口腔衛生指導を行います。

4.事故・災害被害者支援事業

(1)災害時医療救護活動事業

「歯科医療救護班」、「身元確認班」を会員により編成しています。大規模災害時には、医療救護所の派遣し、歯科治療及び口腔衛生指導を行うほか、検視、身元確認等の作業にも協力します。

(2)警察協力事業

事故、災害、犯罪等による身元不明者の確認に際し、歯及び顎骨等の鑑定を通じて警察活動に協力する事業です。警察からの要請に対し、すぐに出動できる体制を整えています。